千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター

お問い合わせ

初期研修(医師)

研修プログラム Program

平成30年度初期研修プログラムの目的と特徴

目的

すべての研修医が、全人的で科学的根拠に基づいた医療を実践してプライマリ・ケアを修得・強化することがこの研修プログラムの目的である。本研修プログラムでは、千葉大学医学部附属病院(以下「大学病院」)と地域の臨床研修病院(以下「協力病院」)、診療所等が病院群を形成して研修医を受け入れるとともに、3年目からの本格的な専門研修に繋がる臨床能力を研修期間中に確実に身に付けられるように企画されている。
この研修プログラムの管理・運営は、千葉大学医学部附属病院医師臨床研修管理委員会(以下「研修管理委員会」)及び千葉大学医学部附属病院総合医療教育研修センター(以下「総合研修センター」)が行い、すべての研修医に対して公平で一貫した臨床研修を提供することができる。さらに、2年間の卒後臨床研修修了後は、専門医取得を目標とした専門研修をシームレスに受けることができる。

特徴

  • 大学病院と協力病院とが連携し、それぞれの強みを生かした研修を受けることができる。
  • プライマリ・ケアを修得・強化できる。
    • 協力病院で多数のコモンディジーズを経験し、充実した救急研修ができる。
    • 大学病院の総合診療科で卓越した外来診療を経験・修得できる。
    • 大学病院での救急外来研修に加え,千葉市立青葉病院のER研修にも参加できる。
  • 充実した専門領域の研修を経験できる。
    • 大学病院では希望に応じて診療科を選択でき、専門領域の研修を早期に経験できる。内科領域、外科領域での経験の一部は、臨床研修終了後の内科専門研修、外科専門研修の経験として活かすことができる。
    • 各診療科の推奨研修プログラムを参考にして診療科、協力病院を選択できる。
    • 内科コース、外科コース、チューター制度を導入した精神科コースを選択できる。
    • 大学病院では高度先進医療や臨床研究を経験・実践できる。

※協力病院での研修内容は、各病院の研修プログラムに準ずる。

平成30年度千葉大学医学部附属病院卒後臨床研修プログラム

研修プログラム

研修プログラム 責任者 副責任者
大学病院スタート
自由設計プログラム
生坂 政臣 伊藤 彰一
協力病院スタート
プログラムI
松原 久裕 小林 欣夫
協力病院スタート
プログラムII
横手 幸太郎 中島 裕史
産婦人科プログラム 生水 真紀夫  
小児科プログラム 下条 直樹  

募集定員:52名

大学病院スタート
自由設計プログラム
15名
協力病院スタート
プログラムI
15名
協力病院スタート
プログラムII
18名
産婦人科プログラム 2名
小児科プログラム 2名

研修目標

厚生労働省より提示された「臨床研修の到達目標」に準拠した研修目標及び各診療科における研修目標を策定し、2年間の大学病院、協力病院における研修において到達目標が達成できるようにプランニングされている。

研修方式と特色

2年間の研修で研修目標を達成し、プライマリ・ケアを修得・強化するとともに、専門的な研修を経験できるプログラムである。

大学病院スタート自由設計プログラム、協力病院スタートプログラム

  • 連携する協力病院の地域と機能に基づいて3種類の研修プログラム(大学病院スタート自由設計プログラム、協力病院スタートプログラムI、協力病院スタートプログラムII)を設定した。(大学病院スタート自由設計プログラム及び協力病院スタートプログラム(I、II)の協力病院群については、協力病院等一覧参照)
  • 大学病院スタート自由設計プログラムは内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、基本外科1ヶ月、選択必修科目(外科を除く)1ヶ月、選択科目12か月、地域医療1ヶ月を2年間の間に研修する。地域医療1ヶ月のみ必ず2年目に研修しなければならない。
  • 協力病院スタートプログラムは1年目に内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、基本外科1ヶ月、選択必修科目(外科を含む)2ヶ月を研修する(ただし、状況に応じて一部を2年目に研修することもある)。2年目に地域医療1ヶ月以上の研修を行い、残りの期間(2年目)は専門性を高めるために必要な臨床能力を修得するため、選択科目を自由に研修できる。
  • ただし、いずれのプログラムにおいても選択必修科目の期間では、外科(大学病院スタート自由設計プログラムは除く)、麻酔科、小児科、産婦人科、精神神経科の研修目標を達成できるように診療科を選択し、適切な期間・方法で研修しければならない。本プログラムでは、個々の診療科が柔軟に対応することで、厚生労働省の定める5つの選択必修科目での研修目標を達成することができる。研修目標の達成に向けて総合研修センターのスタッフ等がプログラム、協力病院、診療科ローテートなどについて研修医の希望に応じてアドバイスする。

大学病院スタート自由設計プログラム

プライマリ・ケアを強化しつつ、ニーズに沿った研修ができるプログラムである。大学病院で研修をスタートする。大学病院の各診療科の研修時期・期間、協力病院での研修時期・期間を柔軟に選択することにより(希望に応じて調整を行い決定する)、プライマリ・ケアについて研修しつつ、専門研修にシームレスにつながる研修ができる。例えば、大学病院研修で総合診療科における卓越した外来診療を選択したり、千葉市立青葉病院のER研修にも参加したりすることで、しっかりとしたプライマリ・ケアの基盤を確立できる。協力病院研修で多くのコモンディジーズを経験し、総合的で且つ応用できるプライマリ・ケアを修得・強化できる。なお、選択科目については、総合研修センターのスタッフが研修医の希望に応じてアドバイスする。(協力病院研修概況及び大学病院スタート自由設計プログラムの各病院の受入状況一覧参照)

参考例1:ハイブリッドプラン(1年目に千葉大学病院、2年目に協力病院で研修を行う)

  • 参考例1:ハイブリッドプラン(1年次) 図
  • 参考例1:ハイブリッドプラン(2年次) 図
主な研修協力病院
千葉市立青葉病院、千葉メディカルセンター、千葉労災病院、済生会習志野病院、君津中央病院、松戸市立病院、成田赤十字病院、国保旭中央病院、船橋市立医療センター、 他

参考例2:スマートプラン(2年間(一部協力病院での研修も可)千葉大学病院で研修を行う)

  • 参考例2:スマートプラン(1年次) 図
  • 参考例2:スマートプラン(2年次)

参考例3:カスタムプラン(2年間の間に大学病院と複数の協力病院で研修を行う)

  • 参考例3:カスタムプラン(1年次) 図
  • 参考例3:カスタムプラン(2年次) 図
主な研修協力病院
千葉労災病院、千葉市立海浜病院、君津中央病院、成田赤十字病院、東京ベイ・浦安市川医療センター、聖隷横浜病院、小田原市立病院 他

※各年次内での研修スケジュールは、研修医の希望により調整・決定する。

※協力病院での研修内容は、各病院のプログラムに準ずる。詳細は該当病院の資料(ホームページ、パンフレットなど)を確認する、各病院に問い合わせるなどにより確認すること。

協力病院スタートプログラム(I、II)

専門的な研修を早期に経験し、強化できるプログラムである。1年目の協力病院研修で多くのコモンディジーズを経験して様々なプライマリ・ケアを実践できる。2年目の大学病院研修で専門的な研修を行い、3年目以降の専門研修に繋げることができる。(協力病院研修概況参照)

参考例

  • 参考例:協力病院スタートプログラム(1年次) 図
  • 参考例:協力病院スタートプログラム(2年次) 図

※各年次内での研修スケジュールは、研修医の希望により調整・決定する。

※協力病院での研修内容は、各病院のプログラムに準ずる。詳細は該当病院の資料(ホームページ、パンフレットなど)を確認する、各病院に問い合わせるなどにより確認すること。

産婦人科プログラム

1年目に研修協力病院で内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、選択必修科目3ヶ月を研修し、2年目に地域医療1ヶ月以上の研修を行う。残りの期間は当該科を重点とした研修を行う。2年目の研修内容については、産婦人科診療の関連領域について研修を行い専門的な後期研修の裾野を広げることのできる「ゆったりコース」と、一般産婦人科診療スキルのすべてを習得し後期研修プログラムの中に、各自の希望するところを色濃く反映させることのできる「さくっとコース」の2コースを用意している。協力病院は当該科医が多い基幹病院であり、豊富な症例数と経験豊富な指導体制を有している。2年間の研修期間にわたり、継続して研修のサポートを行う「チューター」を配置し情報提供を行う。本プログラムを選択した研修医が、産婦人科として身に着けるべき基本技術を学べる選択科目をアドバイスする他、関連する学術集会や各種研究会・勉強会への参加を支援する。

参考例1:ゆったりコース

  • 参考例1:ゆったりコース(1年次) 図
  • 参考例1:ゆったりコース(2年次) 図

参考例2:さくっとコース

  • 参考例2:さくっとコース(1年次) 図
  • 参考例2:さくっとコース(2年次) 図

小児科プログラム

  • 1年目の大学病院で小児科3か月に加え、小児に関連の深い科(小児外科、周産期母性科、こどものこころ診療部)を1か月ずつ研修する。とくに小児外科とこどものこころ診療部は大学病院ならではの研修先であるため推奨する。
  • 必修科目の内科と救急部門については、2年間を通じてそれぞれ6か月,3か月研修する。内科・小児科いずれも、1年目の大学病院において専門性の高い各科(領域)の指導を受けた後、2年目の協力病院でコモンディジーズを多く経験できる。2年目は協力病院(千葉市立海浜病院、船橋市立医療センター)で4か月間の小児科を重点とした研修を行う。協力病院により選択科目が異なるため、それぞれ、ぐんぐんコース(船橋市立医療センター)、はぐくみコース(千葉市立海浜病院)とし、モデルプランを提示する。自由選択期間には小児に関連の深い麻酔科、耳鼻科、皮膚科等を1か月ずつ選択する。
  • 協力病院は2病院とも小児科医が多い基幹病院であり,豊富な症例数と経験豊富な指導体制を有している。2年間の研修期間にわたり、継続して研修のサポートを行う「チューター」を配置し情報提供を行う。本プログラムを選択した研修医が、小児科として身に着けるべき基本技術を学べる選択科目をアドバイスする他、関連する学術集会や各種研究会・勉強会への参加を支援する。小児科コース終了後、専門研修、専門研修以降、サブスペシャリティ選択に至るまで、キャリアプランの支援を行い、千葉県の小児医療へ貢献する人材を育成する。

参考例1:はぐくみコース(2年次に海浜病院を選択。新生児医療を重視したモデルコース)

必修科目である救急部門は1年目に3か月研修する。2年目の海浜病院は独立したNICUを有しており、2か月間選択できる。2年目の地域医療研修では,小児科診療所等での研修を選択できる。また、2年目の選択期間の2か月間には小児に関連の深い麻酔科、皮膚科、耳鼻科の中から2科選択できる。

  • 参考例1:はぐくみコース(1年次) 図
  • 参考例1:はぐくみコース(2年次) 図

参考例2:ぐんぐんコース(2年次に船橋市立医療センターを選択。小児救急を重視したモデルコース)

船橋市立医療センターでは救急部門を有しており、1年目に加えて2年目にも救急部門を選択し、小児救急を含めた研修が行える。NICU研修は1年目の大学病院で行う。2年目の地域医療は釧路市にて行う。2年目の小児科は連続または分割して研修可能である。選択期間の3か月間(1年目1か月、2年目2か月)には小児に関連の深い麻酔科、皮膚科、耳鼻科の中を1か月ずつ選択できる。

  • 参考例2:ぐんぐんコース(1年次) 図
  • 参考例2:ぐんぐんコース(2年次) 図

大学病院での研修内容

  • 内科6ヶ月
    消化器内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、循環器内科、血液内科、腎臓内科、アレルギー・膠原病内科、呼吸器内科、神経内科、総合診療科のうちから内科領域の研修目標を達成できるよう、3診療科を2ヶ月ずつ選択しローテート研修を行う。単一診療科を6ヶ月、2診療科を3ヶ月ずつローテートすることもできる。
  • 救急部門3ヶ月
    救急科及び集中治療部での研修を3ヶ月間行う。週1回程度千葉市立青葉病院の救急科でER研修を行う。
  • 基本外科1ヶ月【産婦人科、小児科プログラムを除く】

    心臓血管外科、食道・胃腸外科、肝胆膵外科、呼吸器外科、小児外科のうちから外科領域の研修目標を達成できるよう1科を選択する。

  • 選択必修科目1ヶ月~3ヶ月【プログラムによって異なる】
    精神神経科、婦人科・周産期母性科、小児科、麻酔・疼痛・緩和医療科、外科(大学病院スタート自由設計プログラムは除く)から1~3科を選択する。
  • 選択科目0ヶ月~12ヶ月【プログラムによって異なる】
    必修科(内科、救急部門)、選択必修科目(外科、精神神経科、婦人科・周産期母性科、小児科、麻酔・疼痛・緩和医療科)、選択科目[乳腺・甲状腺外科、泌尿器科、整形外科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉・頭頚部外科、形成・美容外科、脳神経外科、放射線科、リハビリテーション科、和漢診療科、内視鏡センター、検査部、感染症内科、病理診断科、腫瘍内科、周生期診療ユニット(周産期母性科、小児科、小児外科共通)]
  • 地域医療研修1ヶ月
    2年目の研修において診療所、中小病院において1ヶ月の地域医療研修(在宅医療等を含む)を行う。
    診療所等での研修以外にも専門性を有する実地医家の診療所、中小病院等での研修も選択できる。
    1ヶ月分に相当する期間、週1日程度継続的に外来等での研修を受けることもできる。
  • 産婦人科プログラムにおける必修科目
  • 小児科プログラムにおける必修科目
  • 選択科目における小児科研修
    大学病院、小児病院、一般病院のいずれかを選択できる。
  • 周生期診療ユニット研修
    胎児、新生児を出生前後で継続的に産科、NICUで診療できる。将来、産科、小児科、小児外科を専攻する研修医に本研修を勧める。
  • 救急外来研修
    平日夜間、休日に救急外来研修を行う(月2~3回程度)。

上記は大学病院での研修内容であり、協力病院における研修(地域医療研修含む)については、病院ごとに異なるので、研修病院の選択に際しては、協力病院研修概況及び各病院のホームページを参照すること。

内科コース、外科コース、精神科コース

専門研修へのスムーズな移行のため、大学病院スタート自由設計、協力病院スタートプログラムのオプションとして内科コース、外科コース、精神科コースを設定した。各プログラムマッチ後にコースを選択できる。

内科コース(大学病院スタート自由設計プログラム(2年目大学の場合のみ)及び協力病院スタートプログラムI・II)

将来内科を専門とし、その基盤として内科領域を幅広く研修することを希望する研修医を対象とするコースである。本コースの特徴を以下に示す。1)内科専門医取得の基盤となる臨床研修ができる(臨床研修での経験の一部を内科専門研修において登録することができる)、2)内視鏡、エコー、カテーテルなどの検査研修を選択できる、3)地域医療研修では専門性を有する実地医家等での研修を選択できる。2年目に大学病院(大学病院スタート自由設計プログラムの一部、協力病院スタートプログラム)で消化器内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、循環器内科、血液内科、腎臓内科、アレルギー・膠原病内科、呼吸器内科、神経内科などを2ヶ月ごとにローテートし、残りの期間は将来の専門医として必要な臨床能力を修得するため、希望する診療科を選択できる。

外科コース(大学病院スタート自由設計プログラム(2年目大学の場合のみ)及び協力病院スタートプログラムI・II)

外科専門医取得に必要な外科領域分野の臨床(2領域以上)を経験できるコースである。2年目に大学病院(大学病院スタート自由設計プログラムの一部、協力病院スタートプログラム)で肝胆膵外科、食道・胃腸外科、心臓血管外科、乳腺・甲状腺外科、呼吸器外科、小児外科のうち、外科専門医取得に必要な2以上の診療科を2ヶ月ごとにローテートし、残りの期間は将来専門医として必要な臨床能力を修得するため、希望する診療科を選択できる。臨床研修期間中に経験した症例の一部(NCDに登録されていることが必須)を、外科専門研修における手術症例数に加算することができる。

精神科コース(大学病院スタート自由設計・協力病院スタートプログラムI・II)

将来の進路として精神科を選択肢の一つとして検討している研修医を対象とするコースである。2年間の初期研修期間にわたり、継続して研修の助言を行う「精神科チューター」を配置し情報提供を行う。初期研修医が各診療科を研修する際、精神科医として身に着けるべき基本技術をアドバイスする他、精神科に関連する学術集会や各種研究会・勉強会への参加を支援する。コース参加者は自分の関心領域等を考慮して自分のロールモデルとなりうる精神科医をチューターとして選択することができる。精神科研修時には精神保健指定医、精神科専門医の取得のために必要な症例の確保とレポート作成のアドバイスを受けることができる。

研修の評価と修了認定

研修医の評価・修了認定

指導医、指導者(看護師等)による評価

指導医、指導者(看護師等)はローテーションごとに研修医の観察・指導を行い、研修目標の達成状況について評価表を用いて診療現場での観察評価を行う。指導医、模擬患者による形成的なパフォーマンス評価を適宜行う。

臨床研修報告会

2年間の研修の総仕上げとして、経験した興味ある症例をまとめ、考察を加えて報告する。
研修医の評価は2年間の全プログラムが修了した時点で、診療現場での観察評価等により総合的に評価され、その結果は病院長に報告される。病院長はその評価結果に基づき修了認定の可否を決定し、研修修了者に修了証を交付する。

ベスト研修医

診療現場での観察評価、臨床研修報告会での発表内容等から他研修医、学生のロールモデルとなる秀でた研修医を、ベスト研修医として研修修了時に表彰する。

指導医、診療科(部)、研修プログラムの評価

研修中および修了後、研修医による指導医、診療科(部)及び研修プログラムの評価が行われ、その結果は指導医、診療科(部)にフィードバックされる。

研修プログラムの自己点検・評価

研修プログラム(研修施設、研修体制、指導体制)が効果的かつ効率よく行われているかについて定期的に研修管理委員会が中心となって自己点検・評価を行い、その結果をインターネット等を利用して公開する。

処遇

身分:
非常勤職員 医員(研修医)
給与等:
日単価 12,000円(月21日勤務で252,000円)
夜間、休日研修 1回15,000円(夜間月4回、休日月1回)
※実施回数は診療科等により異なります。
救急外来研修:平日約7,700円、休日約16,700円(希望制:月2~3回)
その他超過勤務手当あり
賞与なし
勤務時間:
平日午前8時30分~午後17時15分
時間外勤務の有無:
有給休暇:
10日(採用6月経過後付与)、夏季休暇、病気休暇、忌引きなど(本学の規定による。)
宿舎:
有(その他本学生協による不動産会社の紹介有り。)
社会保険:
健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険)、厚生年金、雇用保険
健康管理:
職員健康診断
医師賠償責任保険:
病院において加入、個人は任意
研修会等への参加:
研修の妨げにならない範囲内で研究会等へ参加できる。
その他:
研修中におけるアルバイトは禁止とする。
当院在職時のみ学会、研究会等への参加費用の支援(2万円/年)及び交通費の支援(1万円/年)有り。
当院在職時のみ白衣支給(年3着程度)有り。

(財) 日本医療機能評価機構の病院機能評価

平成24年6月15日付けで、(財)日本医療機能評価機構から病院機能評価(Ver.6.0)の認定証が交付された。(認定第JC1295-02号、平成24年4月23日~平成29年4月22日)

研修修了後の進路等

大学病院では、2年間の臨床研修修了後の医師を対象とした専門研修プログラムを基本19領域の全てに用意している。このプログラムでは、各専門医を取得できるばかりでなく、各病院の得意分野での研修が可能である。プログラム等の詳細は、シニアレジデント(後期研修医)のページを参照すること。

診療科別プログラム一覧

各診療科(部)の連絡先は病院見学のご案内ページへ

基本研修科目

内科 PDF
救急 PDF

必修科目

地域医療 PDF

選択科目

消化器内科 PDF ウェブサイト
血液内科 PDF ウェブサイト
腎臓内科 PDF ウェブサイト
アレルギー・膠原病内科 PDF ウェブサイト
糖尿病・代謝・内分泌内科 PDF ウェブサイト
循環器内科 PDF ウェブサイト
呼吸器内科:2~3ヵ月 PDF ウェブサイト
呼吸器内科:6ヵ月 PDF
神経内科:3ヵ月 PDF ウェブサイト
神経内科:6ヵ月 PDF
総合診療科 PDF ウェブサイト
食道・胃腸外科 PDF ウェブサイト
肝胆膵外科 PDF ウェブサイト
心臓血管外科 PDF ウェブサイト
呼吸器外科 ウェブサイト
小児外科 PDF ウェブサイト
救急科・集中治療部 PDF ウェブサイト
小児科 ウェブサイト
婦人科・周産期母性科 ウェブサイト
ウェブサイト
精神神経科 PDF ウェブサイト
麻酔・疼痛・緩和医療科:
2~3ヵ月
PDF ウェブサイト
麻酔・疼痛・緩和医療科:
麻酔科医師養成プログラム
PDF
麻酔・疼痛・緩和医療科:
緩和医療プログラム
PDF
和漢診療科 PDF ウェブサイト
乳腺・甲状腺外科 PDF ウェブサイト
放射線科 PDF ウェブサイト
整形外科:1~3ヵ月 PDF ウェブサイト
整形外科:6ヵ月 PDF
眼科 PDF ウェブサイト
皮膚科 ウェブサイト
泌尿器科 ウェブサイト
耳鼻咽頭・頭頸部外科 PDF ウェブサイト
脳神経外科 PDF ウェブサイト
形成・美容外科 ウェブサイト
検査部・遺伝子診療部 PDF ウェブサイト
病理診断科・病理部 PDF ウェブサイト
ウェブサイト
内視鏡センター PDF ウェブサイト
リハビリテーション科 ウェブサイト
感染症内科・感染制御部 PDF ウェブサイト
腫瘍内科 PDF ウェブサイト

ページの先頭